‘自転車関連’ カテゴリーのアーカイブ

今年の石垣島アースライド2010

自転車関連 | 投稿者: satorun
6 月 19 2010 年

ブログの整理をしていて、去年2009年の石垣島アースライドのブログを読んでたら、当時のことを思い出して懐かしさに浸っていました。信号が一つもないコースを125キロ走破するなんて、日本広しといえどなかなかない企画なんです。(オーストラリアなんかだといくらでもありそうだけど)

今年の日程を調べてみたら11月21日(日)開催であることが分かりました。23日の火曜日が祝日なので22日の月曜日を休むだけで3泊4日になるな~なんて考えていました。今季仕事めちゃ忙しいけどなんとかやりくりしていきたいな~なんて考えています。

僕にとって沖縄本土も含めて、石垣島は何度でも行きたくなる不思議なエリアです。オリオンビールが呼んでいるんでしょうか。飲みすぎると痛風になりますが。。。。(;一_一)

2009石垣島アースライド その2

自転車関連 | 投稿者: satorun
11 月 19 2009 年
新城選手と

世界の新城選手と

さて当日。昨晩の泡盛がまだまだ残る中、午前6時半にイベント会場に集合。雨がパラパラする状況に心も曇りがち。とはいえ、石垣市長と世界の新城選手(石垣島出身)のご挨拶のころには何とか雨から曇りへと。

7時になり10台づつぐらいで固まって出発。昨日の反省もあり、最初に飛ばしすぎなようにと思いつつも、はやる心がついついオーバーペースになりがち。

スタートから15キロ地点で最初のエイドステーション(食事などの補給場所)。ここに何と世界の新城選手(あのツールドフランスに日本人で史上2人目の選手として出場、入賞もし、全コースを完走した)がいるではないですか。ミーハーではないはずの僕もついつい2ショット撮影をお願いしちゃいました。

その後新城選手と一緒にコースを走ったりもできました。これはもう野球で言うと松井秀樹選手とキャッチボールをするようなものです。本当に良かったです、いい思い出になります。

いい思い出に浸りながらひたすら小さな坂を登っては下り、下りながら次の上りが見えるのは精神的にも本当につらいものです。でも、石垣島にいることがうれしくて、にやけながら上っていてたのではないかと、ぱっと見変態ですよね。

石垣島最北端を折り返し帰路につくころには体力もかなり使い果たしていましたが、帰りは追い風のおかげで快適に戻ってくることができました。おかげで規定時間内に125キロ走破することができました。

当初125キロなら淡路1周よりも少ないし楽勝だろうと思っていたけれど、ほんとに風とアップダウンに泣かされました。でも楽しかったから帳消ですね。夜の泡盛がひときわうまかったのは言うまでもありません。

2009石垣島アースライド その1

自転車関連 | 投稿者: satorun
11 月 19 2009 年

自分にとって今年の1大イベントだった石垣島アースライド2009に行ってきました。観光地としても有名な石垣島の西海岸の道路を125キロにわたり自転車で走るというイベントです。自転車に興味ない方は、まったく意味不明のイベントでしょうが、コース125キロ間信号が一つもないというのが特徴の一つでもあり、そんなコースを自転車で走ってみたかったのです。

 

近場でのイベントなら自転車で会場まで走って行ったり、車に乗せて行ったりするわけですが、石垣島だとそうもいきません。事前に自転車を解体して大きな自転車用に段ボールに入れて、航空便で送るわけです。傷がつかないようにぷちぷちのビニールで撒いたり、前輪を解体したりと結構大変。

え?そんなに大変ならレンタルサイクルがあるじゃないかと?それではダメなんですよね。自分の自転車で走ることに意味があるのです。

当日の125キロに備えてイベント前日は、仲間たち3人と東海岸の道路を80キロほど走りました。しかしこれがなかなか大変。平坦に見える石垣島も道路は小さなアップダウンが無数に存在するのです。最初は楽勝だったけれど、じわじわと足に負担が。おまけに行きはずっと強い向かい風だったものだから折り返すころには体力をかなり使ってしまいました。それでも明石食堂でおいしいソーキそばを食べ、帰りは追い風に乗って快適に帰ってきました。無数のアップダウンと風。恐るべし石垣島。

六甲山に自転車で

自転車関連 | 投稿者: satorun
10 月 31 2009 年

またまた自転車ネタですが、六甲山山頂まで自転車で行ってきました。自宅はほぼ海抜0メートルに等しいので、自分の力だけで1000メートル近く上ったことになります。

自転車を始めたころ、文字通り朝飯前に六甲山頂まで往復する人の話を聞いて、全く別世界の人だと思っていたのに、自分がまさか上ることができるなどとは本当に予想だにしなかったのです。

亀のようなスピードで自分の可能なペースでゆっくりゆっくり。歩いたほうが早いやろとハイカーに突っ込み入れられそうなレベルでしたが、まずは完走が大事と自分に言い聞かせて、今日大満足な一日なのでした。

しまなみ海道サイクリング大会

自転車関連 | 投稿者: satorun
10 月 14 2009 年

ひさしぶりのカキコです。先日の連休、広島尾道~愛媛県今治間にあるしまなみ海道で開催されたサイクリング大会に参加してきました。

僕が選んだコースは健脚コースで約100キロ、今治側のサイクリングターミナル糸山を出発して尾道方面へ、途中の島をぐるっと一周して戻ってきて100キロというものでした。

直前の台風が心配の種でしたが、なんとか通過し当日は本当にいい天気で最高の大会となりまひた。参加者がなんと900名。こんな大会に参加することはあまりないので、多いか少ないのかわかりませんが、感想としては大変立派な大会なんだなと思いました。自転車が徐々に浸透していってるのかなとうれしくなりました。

あんまりアップダウンもなさそうだし、楽勝のコースだろうと勝手に思っていたら、しょっぱなから結構坂が登場。車が通る橋を通行するので、橋の高さまで自転車で上る必要があるのだった。激坂はないものの小さなアップダウンがたくさんあり、徐々に足に来るような設定だったな~。でも天気の良さと景色のよさがそんなことを吹き飛ばし、元気にゴールできました。完走書ももらって大満足な大会でした。

淡路島一周

自転車関連 | 投稿者: satorun
9 月 08 2009 年

淡路島一周してきました

 

これまで北半分は何度か行ってきたものの(距離約60キロ)、噂に聞く島の南部の激坂と周回距離160キロという未知の数字が、淡路島一周チャレンジを押しとどめていました。

今回六甲山を何度も登っている友達W氏に誘われ、重い腰を上げることになったのです。

 

僕自身これまで120キロしか走行した経験がなく、しかもほとんどが平たん路、今回は距離160キロに加えて、4つの激坂があるとのこと。本当にできるのだろうか、という不安な気持ちでいっぱいでした。

 

結果は、、、なんとか達成することができました。しかし本当にきつかった1周のツーリングでした。心拍なんか185なんて数字が出て死ぬんじゃないかと思ったし、坂がきつくまっすぐ登れなくなり、危険を承知でジグザグで登ったり。

 

でも淡路島の素晴らしい景色がそんな辛さを緩和してくれ、何とかにこにこと1周ツアーを終えることができました。こんなにつらいのは高校時代のクラブ以来かと思うほどだったけれど、終わってしまうとまた行きたくなるんだよね~ ほんと自転車っていいですね

10時間耐久レース結果

未分類, 自転車関連 | 投稿者: satorun
8 月 08 2009 年

e887aae58886レースが無事終了した。天気は梅雨前線が居座り最悪の中、岡山に到着、するとなんと薄日が差すぐらいのうす曇りに。結局翌朝の表彰式途中まで雨らしい雨は降らなかった。しかし表彰式中に土砂降りの雨が。。。

仲間8人で10時間走りつないだ耐久レースの結果は、、、、約270チーム中でなんと139位。と、こう書くとなかなかいい感じになりますが、この270チームにはママチャリでの参加もいたり、たったひとりで10時間も走りきったツワモノもいるわけで、同じロードバイクのカテゴリーでいうと89チーム中の79位だった。後ろにはたった10チームしかいなかったのだ~しかも後ろのチームはごく少人数で走ったチームばかりだった。8人で走った割にはなんだかなあという感じなのか。

でも心は大満足だった。自転車で生まれて初めて走ったサーキットはとっても起伏があって驚いた。こんなにのぼりがきついとは、、、しかもママチャリの軽く抜かれる屈辱を味わった。でも体重を活かして下りで追い抜いてリベンジした。
そんなこんなで今回参加の8人全員大満足だったろう。そう思いたい。

耐久レースは誰かと競争というより自分たちの中での競争だった。また来年もチャレンジしたい。年をとるごとに成績を上げていくことができたら本当に素晴らしいだろうな。

10時間自転車耐久レース(サイクルハンターカップ)

自転車関連 | 投稿者: satorun
7 月 21 2009 年

いよいよ今週末レースが開催される。10時間自転車耐久レース。午後8時にスタートし翌日午前6時にゴール。実に10時間自転車でサーキットを周回し続ける耐久レース。さすがに一人で参加する体力も気力も度胸もなく、我々は8人のチームで参加することとなった。600分を8人で分担するので、一人あたり75分を受け持つ計算となる。しかしながら今回女子も2名いるので、男性の負担はやや増すと思われるが、一人で10時間走ることを考えるとずっと楽だろう。

この年になって自転車でレースなんて考えもしなかった。でもこの年だから楽しめるのかなとも思う。若いころは一切興味のなかった自転車。今や生活の一部と化した自転車とともに我が人生最初のレースに臨みます!

姫路城

自転車関連 | 投稿者: satorun
7 月 21 2009 年

来週にレースを控えているので、その準備も兼ねて姫路城まで自転車で走ってきた。自宅から姫路城までの往復はちょうど100キロ。僕にとっては海岸線を横移動なので、あんまり起伏もなく長距離の練習にはちょうどいい距離なのだ。午前7時半に出発して戻ってきたら12時前で、約4時間半ぐらいのツーリングだった。実際に走っている時間は4時間だったから走行時の平均時速は25キロということになる。(停車時間も含めると22キロぐらい)ロードバイクとしては、とりわけ早いスピードでもないと思う。まあ年出し仕方ないだろうなあ。でも走行時の平均がせめて28キロぐらいになるよう頑張りたいと高い目標を掲げるのであった。

ちなみにツールドフランスの選手は40キロを超える平均時速という。原付のおばちゃんも真っ青なのだ。

またまた淡路島ツーリング

自転車関連 | 投稿者: satorun
7 月 13 2009 年

久しぶりのブログ。先日またまた淡路島北半分を自転車で一周してきた。今回は女性メンバー2名の新規加入で合計8名での走行となった。タコフェリー到着する岩屋を起点と終点とする60キロのコース。厳密に言うと56キロぐらいかな。起伏があんまりないので初心者にはお勧めのコースだ。
新規女性メンバーはGさんとMさん。Gさんは以前からフラメンコを趣味にアクティブな女性、一方Mさんは今年マラソン大会で10キロを完走し、来年はフルマラソンを狙おうかというツワモノ。全く心配ないメンバーだった。ところが予想に反してMさんがバテバテ。緩やかな長い上りでばててしまった。どうやらギヤの選択を間違えて、重いギヤのまま踏み込んで上ったことでスタミナを使いきったようだった。でも戻ってきてからしっかり生2杯飲んでました~
あ~ 自転車は面白い!