‘世間話など’ カテゴリーのアーカイブ

朝からビール

世間話など | 投稿者: satorun
6 月 24 2009 年

久しぶりの書きこみ。やっぱり日記の習慣がないから、ついついと忘れてまとめ書きみたいになってしまう。やれやれ。

先日仕事で泉大津に行った時、天王寺で待ち合わせで、時間があったので朝食とろうと吉野家に。焼きシャケに納豆がついてる特朝定食を食べてると、、、隣から
『牛皿大におしんこ それからビール』って声が
いいなあいいなあ俺それしたかったんだよね~ 俺達世代は中島みゆきなんかを若いころに聞いてて、狼になりたいって歌の中に出てくる吉野家の情景が頭に浮かぶ人も多いのではないだろうか。
『中島みゆき 狼になりたい』
まあそれはさておき、朝から吉野家で牛皿大盛りでビールだなんて幸せそうだなと心から思いました。

ちなみにお昼は王将で食事。レバニラ炒めとご飯食べてたら、隣から餃子2人前と生ビールって声が、、、、

世間話など | 投稿者: satorun
6 月 05 2009 年

niji 見事な虹だった。ウェブショップの運営会議の途中で誰かが『虹や~!』一斉にみんなオフィス続きの広大なテラスの飛び出して写真をパシャパシャ。僕も同様にとりました。NTTドコモのビルが邪魔だなと思ったのは僕だけではなかったはず。 右下に後姿が写っている女性はうちのウェブショップスタッフ『N野Y子』、彼女もブログネタ用ににパシャパシャと。いいブログ書いてね!(*^^)v 大人になっても虹見たら子供に戻ってしまうんだな。でもほんとに立派な虹のアーチでした。

オフィス引越し

世間話など | 投稿者: satorun
5 月 28 2009 年

オフィスを引越しすることになった。引越しと言ってもビルの中で移動するだけなんだけど、今度は8階に上がることとなった。天井が狭くなる代わりに大きなテラスがついてくるアトリエっぽい素敵な部屋だ。

2002年に神戸旧居留地のど真ん中にあるこのビルに来てから、6階→2階→3階→4階と移動してそして今度は最上階の8階へ。思えばいろんなフロアへ動いたものだな。よく不動産会社から他のビルの案内と共に営業電話がはいるけれども、このビルはとっても居心地が良くて当分離れる気分にならない。この際すべてのフロアを制覇するまでは。

インフルエンザ

世間話など | 投稿者: satorun
5 月 25 2009 年

1週間ぶりに神戸に戻ってきた。羽田空港も少し人が少なめ、伊丹空港行きのJAL便は3割程度の乗客だった。驚いたのは伊丹空港から三宮へのシャトルバス、僕を入れてたった5人しか乗っていなかった。早朝でも深夜でもない時間帯なのに。

なぜか神戸市が国内発症スタートとなった新型インフルエンザ。毎日毎日神戸市の名前がニュースで連呼され、都内では神戸市から来たことを言える雰囲気ではなかった。都内の人込みを見た直後だけに、閑散とした三宮とのギャップがあまりに大きく、影響の大きさを思い知った。神戸市内の大手アパレルでは冬物展示会の真っただ中、それなのにお客さんが来ないと言う。この景気に追い討ちをかけるようなダブルパンチだ。

今日からは学校閉鎖も終わり人々が表に出て来られる環境が整ってきたようだ。早く通常の社会が戻ってきてもらいた。

週刊誌記者

世間話など | 投稿者: satorun
5 月 22 2009 年

昨日久しぶりに週刊誌記者の友達と食事をした。職業柄週刊誌の記者との接点などはないのだけれど、以前カシミヤの偽装問題が多発した際に取材を受けたことが縁となり、飲み仲間としてお付き合いいただいている。

我々アパレルの人間は大まかにいえばシーズン(四季)を一つのタームとして活動しているのに対して、彼らは文字通り週間での活動であり、本当に時間勝負という感じである。また毎週毎週よく記事があるものだと思うほどの情報提供力はさすがだなと思う。

週刊誌の記者と言うと、サスペンス劇場でしか見たことのない僕は、不自然に痩せてて、伏目がちで、人相が悪くて、ハイライトを超短くなるまで吸ってて、汚い服を着てて、秘密を嗅ぎ付けて、どっかで恐喝まがいなことをしてて、最後殺されてしまうイメージだったけれど、昨日の彼はまったくその逆。明るくて小太りで本当にいい人。思い込みはだめですね。

東京引越し

世間話など | 投稿者: satorun
5 月 19 2009 年

東京での活動拠点兼住居を変更した。2年前に住まい半分営業所半分で、ある縁を通じで両国に住みだした。2年間東京の暮らしを経験してみて、より西部のほうが自分にとって利便性が高いと思い、渋谷近辺に新しく営業所件住処を決めたのだ。

東京の知人に聞いたところによると、関西人は東京に住む場合はたいてい、自分の故郷に近い西部に住むことが多いそうだ。皇居を中心とした場合の西部という意味で。
なので、僕が両国に住んでいるというと多くの場合相撲が好きなのかと聞かれて、そうでないと答えると珍しがられたものである。

今度新たに住む街は関西の僕の好きなある地域に似て、とても気に入っている。気合いを入れて営業に力を込められそうな気がする。がんばろう!