羊の炭火串焼

投稿者: satorun
6 月 13 2009 年

e4b8b2e784bce3818d 内モンゴルに何度か行っていると、だんだんとディープな食材が登場してくる。屋台での羊串焼きなどもその例かもしれない。以前上海に駐在していた時は、先輩から揚げている油が古いので(事実真っ黒だった)やめておいたほうがいいというアドバイスなどがあり、食べなかったのだが、駐在と出張ではやはり感覚が違う。内モンゴルのディープな部分の魅力には抗えないのだった。 で、これ。みんなが食え食えと言いながらニヤニヤしているので怪しいなあと思いながら食べたら結構うまい。牛レバーと鶏の砂ずりのような食感だった。食べた後に聞いたら、羊のチン〇ンとキンタ〇だった。上がチ〇チンで下がキ〇タマ。砂ずりがチンチ〇で牛レバーが〇ンタマ。 さて、内モンゴルにはもっともっと深いお楽しみがありそうだな。

次ページへ »

« 前ページへ

このエントリーのトラックバックURL