学生との商品開発コラボレーション

投稿者: satorun
7 月 31 2010 年

世代が下がるごとにカシミヤの価値観が薄らいできているように思います。我々世代のカシミヤに対する思いを100とすると、おそらく今の若い世代では半数以下の数値ではないかと思います。まあこんなことは数値化できないので体感的なものではありますが。

我々世代では、(アパレル企業に)入社したころ、秋冬の展示会では(とくにミセスでは)カシミヤ、レザー、ファーといったゴージャス素材のコーナーと言うか、バリエーションは必ずあったもので、毎年そういったものに触れることで少なからず商品知識も蓄積できたであろうけれど、最近のアパレル展示会ではそうもいかないようですね。

昨今のファストファッションブームにも後押しされてか、はたまた毎年業界をにぎわすカシミヤの不当表記などの影響でか、カシミヤのありがたみが薄れゆく一方で、、、関係者としては大変危機感を持っています。
このままではカシミヤが淘汰されてしまい、「アクリルのカシミヤタッチでいいやんか~」と日本中のみなさんが叫ぶのではないかという恐怖感に日々苛まれ、アル中1歩手前になるほどです。

と言って嘆いてばかりでは前に進みません。我々は、ファッション専門学校の学生とコラボレーションをすることで、わずかだろうけどカシミヤのことやニットの知識などを若い世代に伝えることができるのではないかと考えました。

ファッションビジネス業界への就職もなかなか大変なこの時期、我々とコラボレーションすることで彼等も学生で居ながら実業の世界を垣間見ることができれば将来の糧に少しはなるではと思ったのです。そして、そうすることでこの神戸のアパレル業界をわずかながらでも盛り上げることができたら本当に素敵だなと考えました。
どこまでできるかわかりませんが、また想定通りになるかどうかも不明ではありますが、全力投球で頑張ってみようと思います。

このエントリーのトラックバックURL