インフルエンザ

投稿者: satorun
5 月 25 2009 年

1週間ぶりに神戸に戻ってきた。羽田空港も少し人が少なめ、伊丹空港行きのJAL便は3割程度の乗客だった。驚いたのは伊丹空港から三宮へのシャトルバス、僕を入れてたった5人しか乗っていなかった。早朝でも深夜でもない時間帯なのに。

なぜか神戸市が国内発症スタートとなった新型インフルエンザ。毎日毎日神戸市の名前がニュースで連呼され、都内では神戸市から来たことを言える雰囲気ではなかった。都内の人込みを見た直後だけに、閑散とした三宮とのギャップがあまりに大きく、影響の大きさを思い知った。神戸市内の大手アパレルでは冬物展示会の真っただ中、それなのにお客さんが来ないと言う。この景気に追い討ちをかけるようなダブルパンチだ。

今日からは学校閉鎖も終わり人々が表に出て来られる環境が整ってきたようだ。早く通常の社会が戻ってきてもらいた。

次ページへ »

« 前ページへ

このエントリーのトラックバックURL