カシミヤ製品の信頼感

投稿者: satorun
5 月 25 2009 年

これから09年秋冬に向けて、営業が本格化していく。既存の客先様だけでなく、ご紹介による新規や、飛び込みに近いようなお客様への営業も増えてくると思われる。その時に一番感じることが、カシミヤの信頼感の客観性のなさである。

既存の客先様は僕のことを分かっていてくれており、株式会社アレスのカシミヤに対する真摯な態度を理解して下さっている(と思われる)ので、当社のカシミヤ製品に対して信頼して頂いているようだ。ところが、まったくの一見のお客様の場合、当社の扱うカシミヤの信頼感を理解していただくことが即座には難しい。当然だ。僕が買う場合であっても、まったく知らないメーカー様だったら、やはりわずかながらでも『大丈夫かな』という気持ちになる。

何か客観的な指標のようなものが絶対に必要になると思う。個人のキャラクター頼りというわけにはいかないのである。カシミヤ製品の信頼感を高めるために何かしないといけない、そうでないとカシミヤ業界全体がなにやら怪しげなものになってしまう。絶対に避けなければいけない。

次ページへ »

« 前ページへ

このエントリーのトラックバックURL